コショウvs塩


答え 1:

それは本当にあなたの食べ物にすでにどれだけの塩が含まれているかに依存します!

それ自体、コショウは健康でも不健康でもありません。 これは通常少量で使用されるスパイスであるため、アレルギーがある場合を除いて、本質的に健康への影響はありません。 コショウを使用するかしないでください-食べ物の楽しみをガイドにしてください。

一方、塩は人体が適切に機能するために不可欠なミネラルであり、長期間にわたって摂取しすぎると健康に悪影響を及ぼします。 残念ながら、それは加工食品で非常に過剰に使用されることが多いため、食事が主に加工食品である場合、すでに塩を過剰に消費している可能性があります。

一方、通常、未加工の材料から始めて自分で調理する場合は、材料に含まれる塩の量に加えて、調味料のために追加する塩に加えて、味のためにテーブルに追加する可能性のあるものは、おそらく健康を維持するために必要な最低限の量であり、悪影響を与えるために必要な量よりはるかに少ない量です。

したがって、塩とコショウのどちらかまたは両方の選択ではありません。 それぞれの使用量は、(ほぼ)完全に重複しない基準に基づいています。 したがって、それぞれを個別に検討してください。 未加工の材料の使用を増やし、適度に味付けします。



答え 2:

あなたがそれをやり過ぎなければ、それは本当に健康的に重要ではありません。

オランダのVoedingscentrumは、健康な成人には1日あたり6グラム以下の塩を推奨しています。 (やや少ない方が良いです)。

あなたが忘れているのは、コショウと塩は異なり、異なる目的を果たすということです。 塩はミネラルであり、調味料です。 ペッパーは、(既存のフレーバーを強化するのではなく)料理にまったく異なるフレーバーを追加するスパイスです。 塩こしょうは交換できません。



答え 3:

体は食事に一定量の塩を必要としますが、多くの人は実際に必要な量よりはるかに多くを摂取します。 塩分を過剰に摂取すると、血圧が上昇し、他の医学的問題を引き起こす可能性があります。 コショウの辛味は、食品に加えると、面白くなり、過剰な塩を加える必要性を減らすことができます。



答え 4:

コショウと塩の両方に独自の長所、短所、味、香りがあります

塩は唾液と混ぜると食べ物を溶かすのに役立ち、食べ物の味と食感を高めますが、コショウは筋肉の消化と弛緩、赤身の肉などの重い食事の消化中の灼熱感、喉や胃の浄化に役立ちます。

好みや目的に応じて使い分けてください。



答え 5:

簡単な答えはイエスです。 しかし、(私の意見では)塩で強化できない食べ物はありません。 そして、人体は日常的に塩分を摂取する必要があることを忘れないでください。 私たちは塩を発汗させ、塩を排尿します。 補充する必要があります。 塩は慎重に使用してください。 少しの良心の努力であなたはあなたの塩分摂取量を制御しそしてあなたの食物を適切に味付けして楽しむことができます。



答え 6:

はい。

塩は必要ですが、かなり少量です。 市販の食品を食べると、必要以上の塩分が得られます。 通常、塩を加える必要はありません。

コショウの食事制限はまったくありませんが、一般的に無害であると考えられています。 そのため、好きなだけ追加できます。


fariborzbaghai.org © 2021