世界で最も高価な医療システム


答え 1:

医療費には何が含まれていますか? 医療処置から医薬品や処方箋、そして管理やスタッフまで何でも。

世界で最も高価なヘルスケアの国10か国:

1.アメリカ合衆国

この国の一人当たりの医療費は8,713ドルです。 平均余命は78。8年(平均余命が80年にも達していない唯一のトップ10の国)であり、肥満率は35.3%です。 米国はこの世界のほとんどの国よりも多くのお金を持っており、ヘルスケアに他のどの国よりも多くのお金を費やしています。 それでも、カバーを持たない人々がまだいて、ここでは他のどこよりも大きな投資収益率はありません。 実際、それはもっと悪いです。 米国には、1,000人の居住者あたり約2.5人の医師がいます。これは、トップ10リストの中で最低および最悪の1つです。 医者に診てもらうのにもっと費用がかかるだけでなく、医者ができるようになるまでもっと待たなければなりません。

2.スイス

スイスの一人当たりの支出は6,325ドルで、これはこの国のGDPの11.1%に相当します。 肥満率はわずか10.3%、平均余命は82。9年です。 スイス人の81%は、国民皆保険で健康状態が改善していると考えています。 少なくとも、結果はより良いです。 スイス人は長生きします。 この国には、世界の他のどの国よりも多くの看護師がいて(人口1,000人あたり17人)、住民1,000人あたり4人の医師がいます。

3.ノルウェー

ノルウェーの医療費(一人当たり)は5,862ドルで、GDPの8.9%に相当します。 平均余命は81。8年で、肥満は総人口の10%です。 西欧諸国の多くの国と同様に、ここでは国民皆保険が日常茶飯事です。 また、この国のスイスと同じ数の看護師(17人)と医師(4人)が居住者1,000人あたりにいます。

4.オランダ

ここでの医療費は一人当たり5,131ドルで、GDPの11.1%です。 平均余命は81.4歳で、肥満は11%強です。 この国では、住民の1%だけが健康保険に加入していません。 OECD諸国全体で、65歳以上の人々は43.4%の割合で健康であると信じています。 しかし、オランダでは、その数字は60%とはるかに高くなっています。

5.スウェーデン

ここでの医療費は、国内で1人あたり4,904ドル(GDPの11%)です。 平均余命は82歳で、肥満は人口の11.7%です。 スウェーデン人はまた、世界の他のどの国よりもはるかに少ない数(年に2.9回)で医師の診察を受けています。これは、すべての居住者の健康状態が81%と優れていると述べているためです。

6.ドイツ

ここでの医療費は1人あたり4,819ドルで、GDPの11%になります(人口の25%が65歳以上です)。 ほぼ国全体が公的または私的手段のいずれかによって医療医療をカバーしています(米国と比較して、国の89%のみがカバーされています)。

7.デンマーク

ここでの平均余命は80。4年で、国内で1人あたり4,553ドル(GDPの10.4%)を費やしています。 人口の高齢化が進むと、今後数年間で医療費の割合が増加する可能性があります(65歳以上の人口は今後30年間で人口のほぼ4分の1になります)。

8.オーストリア

ここではほぼ国全体が健康保険に加入しており、1人あたり4,553ドル(GDPの10.1%)が費やされています。 ここには81。2年の平均余命があります。

9.ルクセンブルク

ここでの平均余命は81.9%ですが、肥満は22.7%です。 ヘルスケアへの一人当たりの支出は4,371ドルです(居住者1人あたりの民間部門からの762ドル)。

10.カナダ

カナダの平均余命は81.5歳です。 一人当たりの医療費は4,351ドルで、GDPの10.2%になります。 OECDにおけるGDPの割合としての支出の平均割合は8.9%です。

私たちはどのような方向に進みたいのでしょうか。また、世界で最も高価な医療制度のある国に住み続けることができるでしょうか。 私たちはまだ一生働く準備ができていて、定期的な検査を受けたり、手術の費用を払ったりするのに十分なお金がありませんか?

それでも、医療費を削減し、その心配を取り除くことを可能にする革新的な方法はたくさんあります-最良の方法の1つは、医療観光を選ぶことです。

どれだけ節約できるか、どの国に行けるかを知るには-

医療観光と節約のためのコスト比較の上位5カ国

ソース:

世界で最も高価なヘルスケアの国10か国


答え 2:

米国は他の先進国の2倍の割合ではるかに多い。 スイスは唯一近い国です。

一人当たりの医療消費支出、米ドル、PPP調整済み、2017年

アメリカ合衆国$ 10,224

スイス$ 8,009

ドイツ$ 5,728

スウェーデン$ 5,511

オーストリア$ 5,440

オランダ$ 5,386

比較可能な国の平均

5,280ドルフランス

$ 4,902カナダ

$ 4,826ベルギー

4,774ドル日本

$ 4,717オーストラリア

4,543ドル英国

ソース:

National Health ExpenditureAccountsおよびOECDからのデータのKFF分析

そして悲しいことに、長寿、妊産婦死亡率、乳児死亡率、および多くの病気を比較すると、米国は上記のすべての国に遅れをとっています。



答え 3:

どの国が最も高価な医療制度を持っていますか?

米国。

政府は健康よりも利益を重視しています。 好きなだけ議論してください。しかし、国民皆保険はそれほど複雑ではなく、必要に応じて簡単に行うことができます。

申し訳ありませんが..国民皆保険は実際には非常に複雑であるため、世界の上位23か国のうち22か国だけがそれを理解しています…(米国を見る)



答え 4:

自由の国で。

あなたにそれがどれくらい高いかについての考えを与えるために。 ある女性は、健康保険を提供していない小さな会社で働いており、夫は自営業であると私に言いました。 この夫婦と赤ちゃんの間の月額保険料は月額$ 2,000.00です。 これは、彼らに何も起こらないことを前提としています。

1年間に3回の手術を受けた別の人を知っています。 各手術の平均は60kです。 保険がなければ、それはポケットから180kになります。 保険があっても、彼女はポケットから6k以上を支払いました。

高齢者は63歳で職を失ったと私に言った。彼はまだメディケアの資格がなかった。 COBRAに進むには、月額$ 1,800.00の費用がかかります。 彼はヘルスケアなしでほぼ​​2年を過ごしました。 彼が大きな健康問題なしで65に到達したことを感謝します。

ヘルスケアに関しては、これは本当に例外的な国です。



答え 5:

アメリカ合衆国。 救急車、病室、治療、医薬品としては群を抜いて最も高価です。 国民保健サービスのない世界で唯一の先進国。 医療破産のある世界で唯一の先進国。 恐ろしい!



答え 6:

米国は、広いマージンで、そしてあらゆる手段で最も高価なヘルスケアを持っています。 この統計について不幸なのは、人口のカバー率が非常に低いことです。

規模の上位にいる人、保険の適用範囲が広い人、最下位にいるのは、サービスを拒否できないERにしか行けない人、または単に借金をして破産する可能性のある人です。 国民にある程度の公平性を備えた医療を提供するという問題について、米国にとって誇りに思うことは何もありません。



答え 7:

私は個人的にアメリカを経験していると言わざるを得ません。私は他のいくつかの国に行ったことがあり、彼らの「高価な」ケアはあなたがあまりお金を稼がない限り非常に手頃な価格ですが、アメリカではまともな生活費を稼いだとしても君は



答え 8:

我ら



答え 9:

私は米国と言うつもりでしたが、あなたが医療制度を持っていないことに気づきました。



答え 10:

米国は世界で最も高価な医療を2〜3倍持っていますが、先進国で最悪の医療、世界で最悪の医療成果、そして世界で最悪の医療へのアクセスを持っています。


fariborzbaghai.org © 2021