沸騰したお湯はいいですか


答え 1:

沸騰したお湯を飲むと水分が補給されるだけでなく、多くの健康上の利点があります。

しかし、「お湯」は味蕾をやけどするほど熱くてはいけません。 水を120°Fから140°Fの間に温めることをお勧めします。 160度を超えると健康に害を及ぼす可能性があります

利点:

  • 消化を助ける
  • それはあなたの消化管を落ち着かせそして活性化します。 水自体は消化潤滑剤であり、消化器官に水分を補給して老廃物を排除するのに役立ちます。

    • 中枢神経系を落ち着かせる
    • 温水によって生成された蒸気を吸入すると、詰まった副鼻腔を緩め、副鼻腔の頭痛を和らげるのに役立ちます。

      • 循環を改善します
      • 温かいお風呂に入るのと同じように、温かい水を飲むと動脈と静脈が拡張し、血液をより効果的に体の周りに運びます。

        • 毒素を減らす
        • お湯を飲むと一時的に体温が上がるので、温かいお風呂に入るときと同じように汗をかき始めます。 これは、環境内でさらされる毒素や刺激物を取り除くのに役立ちます。

          • 減量の援助
          • 水分補給は、満腹感が長く続くため、余分な体重を減らすのに役立ちます。そのため、食べる量が少なくなります。 温水は体温も上昇させ、代謝率を高め、安静時に萌えカロリーを消費します。



答え 2:

はい、いつも水を沸かして、冷蔵庫に入れて翌日まで冷蔵庫に入れておきます。それで飲み始めます。同じように沸騰したお湯は飲みません。とてもおかしな味がするので作った日なので、翌日まで冷蔵庫に入れておきます。初めて作ったときよりもずっと美味しくて、何も悪いことはありません。健康。 ラズベリーの粉砂糖茶は沸騰したお湯で作り、粉砂糖のクールエイドも沸騰したお湯で作りますが、翌日は沸騰したお湯を冷蔵庫に一晩置いてから作ります。



答え 3:

水が有害なバクテリアやウイルスで生物学的に汚染されている場合、沸騰した水は沸騰していない水よりも優れています。 沸騰はまた、塩素、硫化水素などの不要な揮発性物質を追い払う可能性があり、医薬品などの汚染物質を分解する可能性もあります。 沸騰はまた、炭酸塩の硬度や酸素や二酸化炭素のような溶存ガスのようないくつかの無害なレベルを下げることができますが、これはそれを良くも悪くもしません。 沸騰しても水中の有害な重金属イオンには影響しませんが、沸騰させてから水蒸気を蒸留水に凝縮させると、非常に純粋な水が生成されます。



答え 4:

あなたの水があなたの消化管に有害であるアメーバでいっぱいであるならば、そうです。 沸騰したお湯は、クマムシや硫酸ベースのバクテリアなど、極限環境微生物ではない病原体のみを殺します。 沸騰したお湯は、存在する重金属や汚染物質を除去することはなく、実際にはそれらをさらに濃縮するだけです。 海面で最低3〜4分間水を沸騰させる必要があります。水位が高いほど、沸騰する温度が低くなるため、標高が高くなると、より長く、より高温で沸騰させる必要があります。



答え 5:

注意してください! 沸騰したお湯には、吸入すると致命的なレベルの一酸化水素が含まれています。 真面目な話ですが、水が化学汚染物質のない水源から来ており、有害な微生物を取り除くのに十分な時間煮沸され、食道をやけどしない程度に冷却されている限り、まったく問題ありません。



答え 6:

いいえ。毎日お湯を飲むのは良くありません。


fariborzbaghai.org © 2021