裸で健康になっている


答え 1:

人体は覆われるように進化しませんでした。 せいぜい、それは、他の人の周りで裸にならないように私たちの不健康で不自然な条件付けによって要求され、ある種の仕事の追加の保護として、それが設計されていない気候に住むのに必要な程度までカバーされることを許容します。

私たちの肌は表面全体に均一に敏感であり、周囲の世界から切り離されるのは好きではありません。 表面全体に均等に汗をかくように設計されており、衣服を着用することで冷やす能力が妨げられます。 しかし、何よりも、私たちの心は、私たちが自分自身であることを恥じることを嫌い、他の人々が単に何であるかを不寛容にすることを嫌います。

言い換えれば、服を着ることは肉体的にも社会的にも間違っています。 しかし、とにかくそれを行います。 裸になって数日過ごした後、衣服は擦れ、着心地が非常に悪くなります。 衣服に閉じ込められた汗に埋もれてしまいます。 そして、あなたは人々がお互いから(物理的および社会的に)彼らの本当の自分を隠していることに鋭く気づきます。



答え 2:

もちろん! 服を着るよりも裸になる方が健康的です。

裸で生まれましたか?

ヌード生まれ?

服はくびれていますか?

自由で解放されたヌードを感じますか?

ヌーディズムは本当に美しいことですか?

人体は美しいですか?

セックスとヌーディズムは完全に違うものですか?

すでに人体を見たことがありますか?

先に進むことはできますが、これらすべての質問に絶対に「はい」と答えると、私の主張がわかります。


fariborzbaghai.org © 2021