レモネードを速く行う方法

スタンレーバローのマスタークレンズとして始まったレモネードファーストは、不純物を取り除き、毒素を取り除き、消化管を休ませ、余分な脂肪の沈着物を取り除きます。 速効でレモネードが腸に与える影響は非常に大きくなります。 断食をしている間、指示に従ってください、そしてあなたの体が断食を早く終わらせるようにあなたに合図しているのかどうか注意してください。
レモネードを早く始める前に、医師に相談してください。 少なくとも7日間続く断食に十分耐えられる健康であることを確認する必要があります。
  • 吐き気、疲労、頭痛などの潜在的な副作用について話し合います。
  • レモネードが断食している間は、薬の服用を中止することがあります。そのため、これが医療上のリスクをもたらすかどうかを医師に確認してください。 断食を長期間続けた人は、インスリンレベル、うつ病、血圧の変化を報告し、断食後の投薬量に影響を与える可能性があります。
  • レモネードを速く受けると、適度なエネルギーレベルになります。 体重が減ります。 ただし、脂肪に加えて筋肉量を失う可能性があるため、レモネードの目的は速くありません。
材料を入手し、レモネードのレシピを準備します。 有機メープルシロップ大さじ1〜2、新鮮なレモンまたはライムジュース大さじ2、およびフッ化物処理されていない純粋な水1カップを合わせます。 唐辛子をふりかけて味わう。
レモネードドリンクを毎日10日間飲みます。 レモネードを速く食べている間、1日あたり少なくとも6カップのレモネードを消費することを目指します。
レモネードの各カップを水と交互に入れます。 脱水状態になりたくないので、水を飲むことが重要です。 ハーブティーや水も飲めます。
  • 断食中は固形または半固形の食品を摂取しないでください。
朝と夜の断食の日に下剤を飲んで、排便を促します。 断食の最後の2日間で浣腸をすることもできます。
オレンジジュースだけを2日間飲んで、断食します。
翌朝、オレンジジュースを飲みます。 昼食には生の果物を食べます。 夕食にはサラダを食べる。
翌日、通常どおり食事を再開してください。
3〜6か月待ってから、レモネードを速く繰り返します。
レモネードを速くすることについてのより詳細な情報を得るために、スタンリーバローズの「マスタークレンズ」が利用可能です。 しかし、この情報は、ピーターグリックマンの著書「体重を減らし、エネルギーを増やし、10日間で幸せになる」でも採用されました。
水とレモンを除いた、必要なすべての情報と材料を含むレモネードダイエットまたはレモネードの断食キットを見つけることができます。 マスタークレンズまたはレモネードダイエットと呼ばれるキットは、地元の健康食品店またはオンラインで見つけることができます。
下痢と胃の痛みは一般的にレモネードで速く報告されます。 脱水症が主な問題であり、めまい、視力障害、吐き気、頭痛、さらには発熱などの副作用が発生することがあります。
fariborzbaghai.org © 2021